高山城

Monday, 14 January 2013

標高686.6m、通称城山、別名を臥牛山(がぎゅうざん)、巴(は)山ともいう。
金森(かなもり)入国以前は「天神山城」と呼ばれた。

飛騨の守護代である多賀出雲守徳言によって、文安年中(1444~49)に築城され、近江の多賀天神を祀ったことから多賀天神山、城は多賀山城と呼ばれた。

永正年間(1504~21)には高山外記が在城していた。

takayama01.jpg


artisan-net.com