小浜城

Monday, 17 December 2012
寛永11年(1634)京極忠高が出雲に移封となり、酒井忠勝が武州・川越(埼玉県川越市)より若狭11万3500石の藩主となり、天守閣の造立に着手、寛永19年(1641)40余年の歳月をかけて小浜城は完成をみた。
以来、酒井家14代、234年間の居城となり、廃藩置県を迎える。

小浜城02.png


artisan-net.com