岐阜城

Thursday, 13 December 2012
斉藤道三が、灯油売り商人として、京都から美濃国へ下り、守護土岐頼芸(ときよりなり)の知遇(ちぐう)を得て美濃一国を征服したことは、NHKの大河ドラマ「国盗り物語」などで有名です。

しかし、最近、発見された南近江(おうみ)の大名六角承禎(ろっかくしょうてい)書状から、道三の前半性は父の長井新左衛門尉のことであり、後半生が道三の事蹟(じせき)ということがわかりました。

道三は稲葉山城を要害化し、山の西麓に居館を建て、百曲通と七曲通に住人を集めて城下町をつくりました。
また、御園・岩倉・中川原に市場を設けて、商取引を盛んにしました。
岐阜城04.png


artisan-net.com