関ヶ原古戦場

Thursday, 30 August 2012
【桃配山】

天下をわける壬申(みずのえさる)の大いくさは1,300年ほどまえであった。

吉野軍をひきいた大海人皇子(おおあまのおうじ)は、不破の野上に行宮(あんぐう)をおき、わざみ野において、近江軍とむきあっていた。
急ごしらえに御所に、皇子がはいったのは、6月27日である。野上郷をはじめ、不破の村びとたちは、皇子をさぐさめようと、よく色づいた山桃を三方にのせて献上した。

「おお、桃か。これはえんぎがいいぞ!」

皇子は、行宮につくがはやいか、桃のむかえにあって、こおどりしてよろこんだ。
くれないのちいさな山桃を口にふくむと、あまずっぱい香りが、口のなかいっぱいにひろがる。
皇子は、はたとひざをたたき、不破の大領(たいりょう)をよんだ。
「この不破の地は、山桃の産地であるときく。なかなかあじもいい。」どうだろう。わたしはこの桃を、軍団兵士(もののふ)みんなに1こずつ配ってやりたい。
戦場における魔よけの桃だ。

これをたべて戦場にでれば、武運百ばい。もりもりとはたらいてくれよう。大領、この近郷近在の山桃をすべて買いあげ、軍団兵士にみんなに、わたしからの桃だといって、配ってくれ。」
大領、宮勝木実(みやのすぐりこのみ)は、胸をうたれ平伏(へいふく)した。
木実は行宮所在地の大領(郡長)として、御所をたて、皇子をおまもりしている。

「ありがたいことでございます。戦勝につなぐえんぎのいい桃。兵士のいのちを守る魔よけの桃。天子(てんし)さまからたまわった尊い桃。全軍の兵士はもちろん、村のものたちも、涙をながしてよろこび存分のはたらきをしてくれるでありましょう」
このとき、木実が確信したとおり、この桃をおしいただいた数萬(すうまん)の将兵の士気は、いやがうえにもたかまり、連戦連勝、ついに大勝を果たしたのであった。

この桃の奇縁により、この桃を配ったところを桃配山(ももくばりやま)とよんで、いまにつたわっている。
900年のあと、徳川家康は、この快勝の話にあやかって桃配山に陣をしき、1日で天下を自分のものとした。

関ヶ原01.jpg

関ヶ原03.jpg


artisan-net.com