2012年7月アーカイブ

郡上八幡城

Sunday, 29 July 2012
永祿2年(1559)遠藤盛数が東殿山(市街地南方)の東家を滅し八幡城を築いたのがこの城の創始である。

後、秀吉が天下を統一し、領地二万石を没収されて加茂郡小原に転封され稲葉右京亮貞通が城主となり城郭を修築して天守台等を設けた。

やがて関ヶ原合戦が起こると遠藤慶隆は家康に味方し、慶長5年(1600)再び遠藤氏が城主となった。

郡上2.jpg

阿尾城

Thursday, 26 July 2012
阿尾城跡は富山湾に面した標高20~40mの独立丘陵上に立地し、その独特の景観とともに市民に親しまれている史跡である。

発掘調査では伝二の丸・伝三の丸から中世の土器・陶磁器類が多数出土した。

また伝本丸には櫓(やぐら)があったと伝えられ、ここで海上交通を監視していたと思われる。

阿尾1.jpg

阿尾4.jpg

小谷城

Sunday, 22 July 2012
【小谷城跡 本丸跡】

江戸時代中期の小谷城跡絵図に「天守共 鐘丸共」と記されており、鐘丸がその機能を表していると考えられる。構造については不明であるが、何層かの建物であったことが想定される。

小谷城04.png

彦根城

Thursday, 19 July 2012
時の将軍家康は特に奉行を指し向けて7カ国12大名にも応援させ、元和8年(1622)現在の彦根城が完成、築城をはじめてから実に20年の年月を要したもので、城地面積約0.25平方キロメートル(75,800余坪)周囲4km(1里)高さ役50mの彦根山に築城した平山城である。

彦根城02.png



大きな地図で見る

上杉家墓所

Sunday, 15 July 2012
上杉家歴代藩主の廟所で、藩祖謙信公の悶宮を中央にして、その両側に12代までの藩主の廟が並んでいます。

廟は、2代から8代までは社造りで、材質もケヤキを用い、柱は丸柱となっています。

上杉家墓所03.png

上杉家墓所04.png


金沢城

Thursday, 12 July 2012
【惣構(そうかまえ)跡】

「そうかまえ」とは、お城を核とする城下町を囲んだ、堀や土居などの遮断施設のことです。

安土・桃山時代~江戸時代初めにかけて、多くの城下町で造られました。
堀の城側には土を盛り上げ土居とし、竹や木が植えられていたようです。

金沢城には、城下町を囲って内、外2重の惣構(そうがまえ)が造られました。

内惣構は、慶長4年(1599)二代藩主・前田利長が高山右近に命じて造らせたと言われています。

さらに慶長15年(1610)には三代藩主・前田利常が篠原一孝(しのはらかつたか)に命じて外惣構を造らせました。

ここは東内惣構で、南側には堀にかかる「枯木橋」があります。

枯木橋は、旧北国街道が城下に入る要所にあたり、門(木戸)を設けて橋番人が人の出入りを管理していました。

金沢01.jpg

金沢02.jpg


山本勘助(道鬼)の墓

Sunday, 08 July 2012
山本勘助は、三河国(愛知県)の出身、二十六歳より諸国を巡り修業し、天文・兵法・槍術・築城術等武芸百般を体得、四十四歳にて武田信玄の軍師となり数々の策略を立て、上杉謙信の攻撃に備えて築いた海津城(松代城)の構築も手がけた。

1561年(永禄四年)9月10日の激戦において、信玄に勧めた「きつつきの戦法」を謙信に見破られ、武田軍は一時苦戦に陥り、勘助は責任を感じ奮戦の後討ち死にした。

kansuke1.jpg

上田城

Thursday, 05 July 2012
【上田城跡の沿革】
上田城は、天正11年(1583)、真田昌幸により築かれた平城です。
真田氏は、この上田城に立てこもり、天正13年(1585)と慶長5年(1600)の2度にわたる徳川の大軍の攻撃を退け、天下に名を鳴り響かせましたが、関ヶ原合戦後、上田城は取り壊され廃城となりました。

元和8年(1622)、真田信之に代わり城主となった仙石忠政は、幕府の許可を得、寛永3年(1626)、上田城の復興工事に着手しました。
これにより、本丸七つ櫓、二つの櫓、二の丸の堀、土塁及び各虎口の石垣等が再建されたのですが、忠政死後、工事は行われず、上田城復興は未完成のまま終わりました。

ueda1.jpg

ueda2.jpg

安土城

Sunday, 01 July 2012
【安土城 大手道】
伝武井夕庵(たけいせきあん)邸跡の北東付近から大手道は東へ屈曲し、主郭部の外周を構成している高石垣の裾を巡り、本丸に直接通じる本丸裏門に至ります。

屈曲部は幅4m程に狭まりますが、本丸裏門近くでは6mを越える広い道になります。
安土城の正面を通る下街道から見える直線的な大手道とその延長上にそびえる天守は、街道を行き交う人々に信長の力を印象付けたことでしょう。

安土城04.png

artisan-net.com