高山城

Monday, 14 January 2013

標高686.6m、通称城山、別名を臥牛山(がぎゅうざん)、巴(は)山ともいう。
金森(かなもり)入国以前は「天神山城」と呼ばれた。

飛騨の守護代である多賀出雲守徳言によって、文安年中(1444~49)に築城され、近江の多賀天神を祀ったことから多賀天神山、城は多賀山城と呼ばれた。

永正年間(1504~21)には高山外記が在城していた。

takayama01.jpg

福井城

Tuesday, 08 January 2013
関ヶ原の戦いの後、越前に封じられた福井藩初代藩主結城秀康によって築かせた福井城は、本丸を中心に、堀と郭が幾重にも巡らされる典型的な環郭式平城で、徳川家康の次男の居城に相応しい壮大な城郭でした。

福井5.jpg

横須賀城

Monday, 31 December 2012
天守台の周囲からは天守に使われた瓦が多数出土しており、西側からは鯱瓦(しゃちがわら)の東部が南側からは尾の部分が出土しました。

横須賀城02.png


大きな地図で見る

前田家墓所

Thursday, 27 December 2012
【藩祖 前田利家公の墓】

高徳院、名は犬千代。後に孫四郎、永禄5年(1562)には又左衛門と改める。天文7年(1538)尾張国荒子城主前田利春公の第四男として生まれた。

利家公は14歳の時に織田信長に仕え、生涯40数回の戦いに参加。数々の武勲をあげていた。

なかでも初陣の海津の戦い(1551)、桶狭間、長篠、賤ヶ岳の戦いや末森城(現石川県押水町)の激戦(1584)は有名である。
また「槍の又左」と異名をとるほどの槍の名手であったという。

天正13年(1585)9月、豊臣秀吉から羽柴筑前守の号を譲られている。
秀吉の天下統一の大業は利家公に負うところが多大であったといわれている。

利家1.jpg

安土城

Thursday, 20 December 2012
【黒金門(くろがねもん)跡】
ここは、安土城中枢部への主要な入口の一つである黒金門の跡です。周囲の石垣をこれまで見てきた石塁や郭の石垣と比べると、使われている石の大きさに驚かれることでしょう。平成5年度の発掘調査では、黒金門付近も天守とともに火災にあっていることが分かりました。

多量の焼けた瓦の中には、菊紋・桐紋等の金箔瓦も含まれていました。壮大な往時の姿が偲ばれる黒金門より先は、信長が選ばれた側近たちと日常生活を送っていた、安土城のまさに中枢部となります。
安土城07.png

小浜城

Monday, 17 December 2012
寛永11年(1634)京極忠高が出雲に移封となり、酒井忠勝が武州・川越(埼玉県川越市)より若狭11万3500石の藩主となり、天守閣の造立に着手、寛永19年(1641)40余年の歳月をかけて小浜城は完成をみた。
以来、酒井家14代、234年間の居城となり、廃藩置県を迎える。

小浜城02.png

岐阜城

Thursday, 13 December 2012
斉藤道三が、灯油売り商人として、京都から美濃国へ下り、守護土岐頼芸(ときよりなり)の知遇(ちぐう)を得て美濃一国を征服したことは、NHKの大河ドラマ「国盗り物語」などで有名です。

しかし、最近、発見された南近江(おうみ)の大名六角承禎(ろっかくしょうてい)書状から、道三の前半性は父の長井新左衛門尉のことであり、後半生が道三の事蹟(じせき)ということがわかりました。

道三は稲葉山城を要害化し、山の西麓に居館を建て、百曲通と七曲通に住人を集めて城下町をつくりました。
また、御園・岩倉・中川原に市場を設けて、商取引を盛んにしました。
岐阜城04.png

春日山城

Thursday, 06 December 2012
【春日山城 大手道】
この道は、江戸時代に描かれた春日山城の古絵図に大手道と記載されていることから、当時の人たちもここを春日山城の正面玄関口と考えていたことがわかります。

ここから春日山城に入ると、最初に視野が開ける場所が番所です。番所からは正面に本丸が望め、城があった頃は入城する人々を威圧したことでしょう。
春日山城07.png

人吉城

Sunday, 02 December 2012
人吉城は、鎌倉時代のはじめ、源頼朝の命を受け、人吉庄の地頭として着任した遠江国相良庄(とうとうみのくにさがらのしょう(現在の静岡県牧ノ原市相良))を出身とする相良長頼(さがらながより)により修築されたと伝えられる。

ただし山城としての本格的な築城は、文明2(1470)年頃、12代当主相良為続(さがらためつぐ)の時である。

豊臣秀吉の九州統一後の天正17(1589)年、20代当主相良長毎(さがらながつね)が豊後から石工を招き人吉城を石垣づくりの城として改修した。

慶長6(1601)年には本丸・二の丸・堀・櫓・御門まで完成し、慶長12(1607)年から球磨(くま)川沿いの石垣を築き始め外曲輪が造られた。

寛永16(1639)年に石垣工事は中止されるが、この時、近世人吉城がほとんど完成した。

人吉城01.png

苗木城

Thursday, 29 November 2012
伝説では赤壁城(あかかべじょう)と呼ばれていましたが、壁の色は当時の壁土に合わせました。

苗木城の建物の配置状況や規模を知ることが出来ると共に、巨岩と石垣・建物との複雑な組み合わせに驚かされます。

naegi03.jpg

naegi04.jpg

1
artisan-net.com